軽井沢タリアセンは塩沢湖で自然と文化のミュージアム

塩沢湖 軽井沢タリアセン
軽井沢タリアセン
塩沢湖 軽井沢タリアセン入り口
湖畔に広がる自然と文化とミュージアム

 

 

 

IMG_4081_R塩沢湖を満喫できる自然と文化のミュージアムですね。
自然を満喫しながら家族でもカップルでもグループでも
1日中遊べる”楽しめる”スポットになります。

 

 

 


IMG_4082_R

のんびりとお弁当持参でピクニックにもなります。
手ぶらで訪れても”食べるスポット”はありますから1日中楽しめますね。
お天気の日にはシートを広げて日向ぼっこも気分爽快ですね。

 

 



IMG_4047_R

塩沢湖では自然に生きるカモが入園者をあたたかく迎えてくれますよ。

 

 

IMG_4048_R

カモと鯉が湖沿いにたくさん見られますよ。

 

 

 

IMG_4049_R

緑と湖の中で初夏の癒しになりますね。

 

 

 

IMG_4050_R

塩沢湖の中洲をつなぐ桟橋ですね。
ボートも下をくぐることができますよ。

 

 

IMG_4051_R

桟橋付近に集まるカモと鯉たちです。

 

 

IMG_4052_R

のんびりした休日を軽井沢で過ごすには快適な季節ですね。、
特にゴールデンウィーク明けの5月下旬から6月にかけては、
混雑もないので時間を気にしないで楽しめますね。

 

 

 


IMG_4054_R

カモと鯉がエサを求めて集まってきましたね。

 

 

IMG_4055_R

桟橋です。記念写真のスポットとしても最適ですね。、

 

 

IMG_4056_R

桟橋上から見た湖もムードがありますね。

 

 

 

 

 

 

 

IMG_4058_R

湖畔を眺めるカモたちがかわいいですね。

 

 

IMG_4059_R

人が近づいても慣れているカモたちに
ゆとりのある休日を楽しめそうですね。

 

 

 

IMG_4060_R

塩沢湖の中洲にはカモが所々にいます。

 

 

 

IMG_4061_R湖のほとりには鯉がお腹を空かせて集まってきます。






IMG_4069_R

原生林がきれいに整備されている軽井沢タリアセンですね。

 



IMG_4072_Rテラスでくつろぐこともできますよ。






 

IMG_4045_R

入園券
大人(高校生以上)・・・800円
小人(小・中学生まで)・400円

 

 

IMG_4063_R

ベイネ美術館 別途料金(入園料込)
・・・大人900円
・・・小人500円

 

 

IMG_4079_R

セット券(入園券+3館入館券)
・・・大人1,500円
・・・小人 800円

 

 

IMG_4078_R

単独入館券(入園料とは別途単独料金)
深沢紅子野の花美術館・・・大人700円・・・小人400円
軽井沢文庫     ・・・大人700円・・・小人300円
旧朝吹山荘「睡鳩荘」・・・企画展示時有料 / 貸切使用あり

 

 

IMG_4077_R

団体割引あり
20名以上入園で10%割引
100名以上の入園で20%割引
開演時間 午前9時?午後5時
休園 基本的に年中無休(美術館展示作品を入替時は休館)
冬期は天候などによって開園時間や休園日の変動あり

 

 

 

IMG_4073_R

駐車場 220台可能 普通車500円 バス2000円

 

 

 

 

軽井沢タリアセンのミュージアムの紹介

塩沢湖 軽井沢タリアセン

イングリッシュガーデン
開花時期 6月下旬?9月下旬
約200種1800株のイングリッシュローズが咲きます。

 

 

IMG_4076_R

ショップ
タリアセンのオリジナル商品などお土産で買うことができます。

 

 

塩沢湖 軽井沢タリアセン

有島武郎別荘「浄月庵」
ライブラリーカフェ「一房の葡萄」

作家・有島武郎さんが、
大正12年に波多野秋子と情死した別荘を移築した建物です。
1階にはライブラリーカフェ「一房の葡萄」で珈琲を楽しめます。

 

 

IMG_4075_R

堀辰雄1412番山荘
作家・堀辰雄さんが、
昭和16年にアメリカ人スミスさんから購入した別荘です。

 

 

IMG_4074_R

野上弥生子書斎
昭和8年に北軽井沢・大学村に建てられた書斎です。
作家・野上弥生子さんお茶室作り離れです。

 

 

塩沢湖 軽井沢タリアセン

軽井沢高原文庫
軽井沢にゆかりの深い作家や詩人たちの
原稿・書館・著作など約2万点を収蔵している文庫です。

 

 

塩沢湖 軽井沢タリアセン

旧朝吹山荘「睡鳩荘」
昭和6年にW.M.ヴォーリズの設計によって建築された
フランス文学者の「朝吹登水子」が使用していた別荘です。
湖畔からボート遊覧などでも見られる景観の良い別荘です。

 

 

 

塩沢湖 軽井沢タリアセン

アントニン・レーモンド アトリエ「夏の家」
ベイネ美術館

昭和8年に建築家A・レーモンドが自分の別荘として、
アトリエとしても建てた建造物です。
現在では画家レイモン・ベイネ氏(1908?1999)の
原画やリトグラフや愛用の画材などを収蔵・展示中です。
ベイネ美術館として開館していますね。

 

 

塩沢湖 軽井沢タリアセン

湖畔を彩る風景も春と秋とでは変化が見られるでしょう。

 

 

 

IMG_4057_R

明治四十四年館 / 深沢紅子野の花美術館 / レストラン ソネット
明治44年に軽井沢郵便局として建てられた
由緒ある建物を移築してあります。

 

 

IMG_4057_R?館内は深沢紅子美術館やレストラン ソネットとなっていますね。
レストラン ソネットでは旬菜パスタの店として
オリジナルのパスタが楽しめる”ぐるめスポット”ですね。

 

 

 

 

 

 

家族で楽しめるコーナー

IMG_4065_Rちびっこ広場の遊具です。もちろん入園券があれば無料で遊べます。
バッテリーカー

IMG_4070_R?サイクルモノレールは子供も大人も楽しめる空中散歩になります。

 

 

 

IMG_4071_R空中をサイクルモノレールでマイペースな湖畔風景を楽しみながらの散歩ですね。
下ではバッテリーカーがコースを走ります。

 

 

IMG_4066_R?ゴーカートですね。ぶつかっても安心なクッションがあるから、
カート内を子供が運転を楽しめますね。

 

 

IMG_4064_R?ファミリーゴルフ

 

 

IMG_4067_R?テニス

 

 

IMG_4068_R?アーチェリー

 

 

塩沢湖 軽井沢タリアセン

湖面を眺めているだけでもゆったりとした気分になれますね。

 

 

 

ボート乗り場

 

IMG_4062_R

入り口から湖に沿って歩いていくと奥にはボート乗り場があります。

 

 

 

塩沢湖 軽井沢タリアセン手こぎボート
アメンボ
ペダル2人乗り?4人乗り

 

 

塩沢湖 軽井沢タリアセン

オーソドックスに手漕ぎボートが湖の楽しみ方として快適ですね。

 

 

 

塩沢湖 軽井沢タリアセン

バーベキューハウス「山里野」
完全予約制のバーベキューハウスです。

 

 

 

 

IMG_4080_R

レストラン「湖水」
地元「白いも」を使ったコロッケセットが人気です。
ほくほくした食感で油っぽくなく美味しかったですよ。

 

 

 

IMG_4053_R?塩沢湖を眺めながらテラスでランチができますね。
テーブル席も100席設けられています。

 

 

 

塩沢湖 軽井沢タリアセン

コーヒーショップ

 

 

 

IMG_4046_R

サンテ・オ・レ
ファーストフードです。

 

 

軽井沢タリアセンについての詳しいお問い合わせにつきましては・・・
電話・0267-46-6161(代) 軽井沢タリアセン まで

 

貸別荘ルネス軽井沢のコテージ宿泊予約はこちら

 

 


ルネス軽井沢の各コテージ詳細と施設紹介

コメントを残す