群馬の嬬恋「しゃくなげ園」開催を散策徹底レビュー!

IMG_3707_R

 

ルネス軽井沢フロント事務所から
シーズンになると道路に案内看板が立てられます。

 

シーズンとは5月半ば?6月上旬にあたります。
浅間高原 シャクナゲ園は東京ドーム10個分の広さです。
散策コース以上に広い眺めに感動します。

自然を満喫できる高山植物をのんびり観察しながら
ゆったりと別荘で開放的に過ごすなら5月中旬から7月初旬がおすすめです。
軽井沢別荘エリアがゆったりと観光できる期間です。

 

 

IMG_3814

 

シャクナゲ園はシャクナゲがメインですが・・・
シャクナゲを取り巻く高山植物の宝庫でもあります。

上記の赤い小さい花ですが、
硫黄苔(イオウゴケ)です。

 

IMG_3813

 

よく目を凝らして見てみると
唇のような形をしているのがわかりますか?

硫黄苔・・・別名「モンローリップ」といいます。

 

IMG_3812
きれいに広がる眺めはさすが!東京ドーム10個分の面積ですね。
標高も1500m?1800mの高い場所に咲くシャクナゲが15万株植えられています。
IMG_3811

 

ハイキングコースの看板も要所要所に備えてあります。
シャクナゲ園の入場入口でもらえる園内MAPを参考にして
コースをたどって散策を楽しめます。

 

IMG_3810

 

園内にはこのような休憩所が設けられていますので
休みながら散策を楽しむことができます。

 

IMG_3809

 

広大な嬬恋が一望できるのもピクニックには最適ですね。

 

 

IMG_3808

 

見事に枯れてしまっているハクサンシャクナゲです。
これで樹齢150年ものです。
園内にはこの1本だけで、原生の方に枯れていないハクサンシャクナゲがあるようです。

 

IMG_3807

 

カモシカコースへ行く順路とかっこうの径へ向かう順路とあります。

 

 

IMG_3806

 

5月末頃にはコマ草が植えられているので
大きくなってきますよね。

 

IMG_3805

 

こちらから山ばと・かもしかコースという案内板もあります。

 

 

IMG_3804

 

6月の花「レンゲツツジ」もシャクナゲ園に咲き誇ります。

群馬県の県花レンゲツツジもこれからですよね。
シャクナゲが終わるかな?って頃に交代で花を咲かせます。

蓮の花の形をしている芽吹きに感動しました。

 

 

IMG_3803

 

レンゲツツジは別の呼び方もあります。

  • オニツツジ
  • ベコツツジ
  • ウマツツジ

とも言います。

野鳥の「カッコー」が鳴き始める頃に咲き始めることから、
カッコー花とも言われています。

 

IMG_3802

 

シャクナゲ園で観られるシャクナゲは3種類?4種類ということです。
園内もシーズンは最高ですが!時間がある場合は、
もっと上の原生林まで足をのばすとより堪能できます。

 

IMG_3801

 

これから咲くものや旬を過ぎたものまで
日本ではじめてのしゃくなげの栽培を始めた場所になります。

 

IMG_3800

 

きつつき周遊コースとカモシカ・山ばと周遊コースへの案内版です。

 

 

IMG_3799

 

新緑の木々に囲まれてシャクナゲ園は癒しを得られます。

 

 

IMG_3798

 

ミズナラにはオナラとコナラとあります。
葉の先に出ている茎の部分ですが、葉柄(ようへい)と言われる部分です。
オナラは短く
コナラは長い

音が鳴る・・・というフレーズから「ナラ」と言われているようです。

 

 

IMG_3797

 

 

展望台の案内板です。

 

 

IMG_3796

 

 

ナナカマドは紅葉がきれいです。
シャクナゲ園のナナカマドはサビハナナカマドといいます。

 

標高の高いところで育つナナカマドのことを
タカネナナカマドといって
通常の3倍の実の大きさを持ちます。

 

 

IMG_3795

 

こまどり周遊コースと展望園地への案内板です。

 

 

IMG_3794

 

これから咲く木々もあります。
浅間高原「シャクナゲ園」はしゃくなげの開花から

  • レンゲツツジ
  • ヤナギラン
  • コマクサ
  • カラマツ紅葉

という流れで雪が降るまで1年を通して楽しむことができます。

 

 

IMG_3793

 

園内入場には中学生以上?大人・・・美化協力費として300円必要になります。
中学生以下のお子さんは無料で入場できます。

 

 

IMG_3792

 

ルネス軽井沢の貸別荘宿泊者様または中華料理「清徳」でお食事をされたお客様、
浅間高原「シャクナゲ園」への入園料300円を無料にできる
特別入園券を人数分、差し上げます。

 

 

IMG_3791

 

これから咲く高山植物が楽しみですね。

野萱草(ノカンゾウ)と言われる
食べられる草。甘草と違う種類のものもあります。

 

 

 

IMG_3790

 

こるりの道・・・

 

IMG_3789

 

足元を見ると見つかる芽吹いている野草。

 

 

IMG_3788

 

ヤナギランは7年?8年で他の場所へ移動していくようです。

 

 

 

IMG_3787

 

見落としがちな場所にも野草は芽吹いています。

 

 

 

IMG_3786

 

嬬恋の村民公園として
土地の人々が協力し合って作り上げた「シャクナゲ園」です。

 

歴史は30年?40年前にさかのぼります。

 

 

IMG_3785

 

シャクナゲの謂れ・・・

石楠花(シャクナゲ)が正式名称。
石南花(シャクナンゲ)は中国で使われていた名称。
枝が30cmもまっすぐになっていないことから、
尺なし ⇒ 尺なげ

というような説があります。
さらに

 

シャクの病いに効くと言われていることから
カンシャクや尺に触るというような病を治すための
野草として「石楠花」と名付けられたとされてます。

 

 

IMG_3784

 

ヤナギラン
ハンゴンソウ

場所を替えて移動を続けていく珍しい植物ですね。

 

 

IMG_3783

 

園内には休憩所が数カ所ございます。
急がずのんびりと園内散策を楽しめます。

 

 

IMG_3782

 

入場してまもなく大きなルートを説明している
案内MAPもあるので順路などもお好みに合わせて変えてみることもできます。

 

 

 

IMG_3781

 

案内板をじっくり見てからコースを決めるのもいいですね。

 

 

 

IMG_3780

 

アズマシャクナゲは、
あずまのくにから来たという由来からついたシャクナゲです。
高嶺の花ともいわれて

 

高い岩山にある手の届かない美しい花ということから
美しい女性に対しての喩えとしても使われています。

 

IMG_3779

 

シャクナゲの生息地は地球の北半球に集中しているようです。
日本にあるシャクナゲはおよそ18種類になります。

 

 

 

IMG_3778

 

 

屋久島シャクナゲ・・・
屋久島にしかない人気のあるシャクナゲを
嬬恋の浅間高原に植えて開花しています。
世界中のシャクナゲは屋久島シャクナゲを品種改良したものということです。
花びらの先には「ハニーガイド」と言われる「蜜標」があります。

 

西洋シャクナゲは屋久島シャクナゲのことを言っています。

 

IMG_3777

 

屋久島シャクナゲの裏地部分はスポンジ状になっています。
独特な感触ですね。

 

 

IMG_3776

 

今回、シャクナゲ園内のガイドツアー勉強会の講師の方々です。

 

 

 

IMG_3775

 

キバナシャクナゲは、高いところにしか生えない
嬬恋の気候に合わないのか100株ほど植えたものが育っていないようです。

 

 

 

IMG_3774

 

そびえる浅間山に並ぶ原生林。

 

IMG_3773

 

 

絶滅危惧種なのはホリバシャクナゲです。
静岡県や愛知県の一部に生息しています。

 

浅間高原「シャクナゲ園」には10株?20株植えられています。
火山の影響でによる「酸性」の地質が合うようです。

 

火山の影響から230年の地質と気候によって
シャクナゲをはじめ高山植物が増えてきました。

パイオニア植物と言われる「シャクナゲ」です。

 

 

IMG_3772

 

浅間高原とシャクナゲのコントラスト。

 

IMG_3771

 

シャクナゲの広がるエリア。

 

 

IMG_3770

 

5月15日は快晴であたたかく
半袖でも十分でした。

山の天気は変わりが激しいので防寒着は必要になります。

 

 

 

IMG_3769

 

遊歩道は舗装はされています。
「軽めなハイキング」と考えて歩きやすい運動靴がいいですね。

 

 

 

IMG_3768

 

シャクナゲ園の入場口であるテント脇には、
美しいシャクナゲを販売しています。

 

 

 

IMG_3767

 

しゃくなげ園の入口になります。

 

 

IMG_3766

 

アズマシャクナゲ・・・1株1000円で販売していました。

 

 

IMG_3765

 

 

シャクナゲ園までルートには要所要所に看板があるので
開園期間内でしたら安心して迎えます。

 

IMG_3764

 

景色を眺めているだけでも癒されますよね。

 

 

IMG_3763

 

広大な敷地はフォトスポット満載ですね。

 

 

 

 

IMG_3762

 

花の高原・・・浅間高原といっても過言ではないほど
高山植物を堪能できます。

 

 

IMG_3761

 

嬬恋の地元の椎茸を販売していました。
しいたけ茶というお茶も販売しています。

 

IMG_3760

 

お土産になるしいたけ茶でご飯を炊き上げた
しいたけ茶入りのおにぎりを1個100円で販売していました。

 

 

IMG_3759

 

嬬恋村ならではの「キャベツ」にちなんだ
「キャベツチップス」なども販売されていました。

 

 

IMG_3758

 

嬬恋村の手づくりのやさい菓子
「もろこしこうばい」です。

 

 

IMG_3757

 

浅間高原観光協会の職員さんがあたたかく迎えてくれます。

 

 

IMG_3756

 

お土産コーナーも充実しています。

 

 

IMG_3755

 

テントがお土産&休憩所になっています。
仮設トイレも備わっていますよ。

 

 

IMG_3754

 

車も100台近く駐車可能です。(概算)

 

IMG_3716

 

浅間山をバックに生えるシャクナゲは絵になります。

 

 

IMG_3715

 

今年は5月の中旬よりも早めに咲き始めましたね。

 

 

IMG_3714

 

シャクナゲ ? レンゲツツジ ? コマクサ ? ヤナギラン ? カラマツ紅葉

 

IMG_3713

 

アズマシャクナゲ 5月中旬?6月上旬

 

IMG_3712

 

屋久島シャクナゲ 6月中旬?7月上旬

 

 

IMG_3711

 

ハクサンシャクナゲ 6月下旬?7月下旬

 

IMG_3710

 

こまくさ畑にニッコウキスゲ

 

IMG_3709

 

ハイキングにもピクニックにも家族でもカップルでも自然を満喫できますね。

 

IMG_3824

モンローリップの撮影です。

 

IMG_3823

 

硫黄苔のモンローリップ

 

 

IMG_3822

 

硫黄苔のコントラストです。

 

 

IMG_3821

 

唇のような形がわかると思います。

 

IMG_3820

 

このような見逃しがちな高山植物も楽しむことができます。

 

 

IMG_3819

 

思わず見とれてしまうようなモンローリップです。

 

 

IMG_3818

 

 

園内でモンローリップを見つけてみるのも楽しみの一つになります。

 

 

IMG_3817

 

五葉松です。

 

 

IMG_3816

 

北五葉松ともいいます。

 

 

IMG_3815

 

5月の中旬から6月にかけて観光スポットも
混雑もなくゆったりと植物鑑賞をすることができます。

 

 

IMG_3716_R

 

大型バスでの通行はできない場所にあります。

 

 

IMG_3712_R

 

天候に恵まれれば浅間山も大きくくっきりと眺められます。

 

浅間高原「しゃくなげ園」までの交通アクセスMAP

 

13010106

 

シャクナゲの魅力をお伝えしてきました。
5月の中旬から7月上旬にかけて花の宝庫になる浅間高原です。
ルネス軽井沢の初夏(5月~7月)の宿泊プランはこちら